「☆と一緒に」

二男が気を利かせて

長女は、(もう何年も前のことだけど)勤務先の近くに引っ越す前から、行く美容院が決まっている。
行く前には、こちらの家の近くまで車で来て、駐車場に駐めてから行く。

今日も美容院へ行くという連絡があった。
私は朝ご飯の支度もままならないと思ったので、途中でパン屋さんに寄って二男の朝食になるもの買ってきて、と頼んだ。
すると、長女も二男も朝食は要らないという。

で、私は相変わらずソロリソロリと起き上がって、キッチンに行った。

そこには、お粥と味噌汁のレトルトパックが置いてあった。
二男がもう自分で買い物に行って、私のために買ってきたみたい。

二男と私の関係はちょっと訳ありなんだけど、それを見たら嬉しかった。
昨日処方された薬は、かなり強い痛み止めなので、さっそくお粥を食べて、薬をのんだ。



腰痛

ついに医者に行った。

今朝は呼吸も止まってしまうんじゃないかと思うほど身体が硬直して、起き上がれなかった。
9時半
10時
10時半
と時間だけが経っていって、
このままで居ても仕方ないと思い、
整形外科の診察券を探し出したら、
受付が13時までになっていたので、
ソロリソロリと歩いて行った。

「受付は終わりました、午後の診察の受付は12時からです」と言われ
曜日をまちがえていたことがわかって、ギクッと腰に響いた。

「じゃ、12時までここで待ちます、痛くて帰れないので」

すると中から先生がOKを出したらしく、診てもらえることになった。

レントゲン写真を一目みて、私にもはっきりわかった。
腰椎3番と4番がガクッとズレている。
2ヶ月前にCT撮ったときには狭くなってはいたけど、こんなズレはなかった。
骨密度には自信があるんだけどなぁ・・
腰痛は、これからシビれが出てきたりして、一生の友になるのだろう。
結局、痛み止めの薬を飲むしかなくて、つくづく悲しくなった。

とりあえず必要な用事は、シューズボックスに押し込まれたままになっている未使用のトレッキングポールを杖代わりにして済ませ、帰宅後、杖を通販で注文した。




夏物をクリーニング屋に

10月上旬は涼しい日もあったけど、夏日か、時には真夏日に近い日もあった。

中旬になったら肌寒くなり、クリーニング屋で保管していた冬布団が間に合って良かったけど、入れ替わりに夏布団を出さなきゃ。

布団と一緒に、夏の服もクリーニングに出してそのまま保管してもらうことにする。
すっかり荷造りして、ヤマト便に集荷の電話をする。
希望の集荷時間を聞かれた。
夕方、あと2時間後には出かけるから、もう無理だろうと思っていたら、地域担当者に連絡するとのこと。

10分もしない内に、「ピンポン~~~」
いやぁ、ビックリした。
もう集荷に来たのだ。

担当者いわく「急いでいるって言うから、急いで来た」って。
やっぱりクロネコヤマトが一番だね。




ミュージカル「レディ・ベス」


帝劇に「レディ・ベス」観に行った。

エリザベス1世が誕生してから、その異母姉妹のメアリー1世が英国を統治している間の話。
ミュージカルなんだけど、その時々の時代の説明が台詞で入って、だから全体的な歴史の流れに沿った物語になっている。
もう何回目になるのか、これも再演なので、感情移入するような場面や印象深いメロディーがない分、もういいかなという感じがする。

石川禅さんはだいぶスマートになって、吉野圭吾さんは最初だれ?と思ったくらい全体にふっくりして声も太くなっていた。
それこそ時代の流れを感じた(?)










思い違いの遅刻

わたし、歯医者のブラックリストに載ってしまったんじゃないか、と心配しはじめた。

前回は、歯医者から電話がかかってくるまで予約の日だったことをすっかり忘れていた。
電話口で歯医者の名前を聞いたとたんに思い出したけど、すでに遅し (>_<)

2回目、時間をまちがえた。
30分前に家を出れば大丈夫と思っていたところに、息子から電話がかかってきて、「これから歯医者だから」と断って、「さて」と時計を見たら、まさに予約時間。
1時間勘違いしていた。

あわてて自転車を走らせた。
10分遅刻。
受付嬢 「次の人の予約が入っていますから」って。
そうだよね、10分だってずらすわけにはいかないからね。

そしたら,治療室から先生が出てきて、「きょう治療する歯じゃなくて、すぐに治療が終わる方の歯をやりましょう」と。
荒い息使いを強制的に沈めて治療台に座った。
良かったぁ、優しい先生だ。

それに引き替え、私はどうだ、スポッと忘れちゃってる。
しかし、予約をすっぽかしちゃったときって、先生は何しているんだろう???




FC2Ad