「☆と一緒に」

京都府 美山へ


京都駅から、「かやぶきの里 美山」(最大24人限定)コースの定観バスに乗った。

お昼ご飯は 「料理旅館 沈川楼」 での懐石料理。

鯉のあらい、松茸土瓶蒸し、鮎の塩焼き、松茸ご飯などなど、美山の素材をたっぷりと取り入れた料理で、大満足。


DSC_0227--.jpg



DSC_0228--.jpg



そこから、かやぶきの里美山を散策


DSC_0268--.jpg


かやぶき屋根の内側、天井を見る。
すごい技術だと思う。
葺き替えるのに、800万円はかかるという。

DSC_0288--.jpg



約50戸の集落のうち、8割がかやぶき屋根になっていて、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
美山民族資料館には昔からの農機具や生活道具などが展示されていて、私が小さい頃見たことがある牛小屋とか、脱穀機などなつかしく見た。
とってものんびりとしていて、スマホで写真を撮るのが似つかわしくなく思えた。



FC2Ad