「☆と一緒に」

被害者の会

事件から22年以上も経つと出席する人も少なくなって固定化してくるので、ほぼ同窓会状態
それだけに、集まるのが待ち遠しいし、みんなよく発言もする方だと思う

私からの、これまでの活動の報告では
特に、7月下旬に札幌に行ったことを多めに話した
オウム後継団体が使用している札幌の施設を視察したのだ
行ったのは、足立区入谷と世田谷区烏山の住民運動をしている人たちと
足立区の人たち、そして被害者関係の3団体
昨夜つくったパワポの中にニュース映像を2つ入れたけど
会場のPCにメディアプレーヤーが入っていなかったので映せず
その分減らしてしまった写真を見てもらいながら、できる限りの説明をした
その後、札幌の周辺住民や、自治体の動きはどうなっているのだろう

それと、来年3月の「23年の集い」の企画案
開催日は3月17日(土)で、会場も仮予約はした
あとはコンテンツ
これまでとは少し違う要素も取り入れようと思っているんだけど
なかなか理解しづらいようで、即 「いいね!」 「やろう、やろう」とはならなかった
むしろリスキーと言われ、前には厚い壁が立ちはだかっている感じだ
だけど、10年、20年と、時は流れているのだから
発信もそれなりに何かを変えていかないと
自分自身がそこに留まってしまって
人が見向きもしなくなるような
そう、いわゆる風化してしまう気がしている

安全な道を選んだ方がいいのか迷わないでもない
自分のことだったら、何とかなるんじゃないか、で走り出してしまうのだけど
年齢がそうさせるのか・・・
でも、やっぱりみんなで力を合わせて挑戦してみたい






FC2Ad