「☆と一緒に」

テレビの撮影があるって忘れてた!

昨日の会議、入口のところに何人か居て、挨拶されたけど、「え?」って感じ。
私の知らない人だし、挨拶されてもなぁ~~と思いながら中に入って行った。
時々やむを得ない事情で遅刻することもあるけど、原則早く到着するようにしていて、きょうも30分前に到着。
間もなく、他の方々も到着した。

弁護士さん:肝心の中村さんがまだ来てないんですよ
私:え、何かあるんですか?
弁護士さん:先週、テレビの撮影があるって言ったでしょ
私:あぁぁ・・・

すっかり忘れてた。
そういえば、中村先生が会議している様子を、テレビ局のカメラが来て撮るって言ってた。


秋に思う・・・そして「マリー・アントワネット」

昨日、法務省から電話があって、請求していた行政文書開示が決定した。
郵送でも良かったのだけど、きょうはちょうど日比谷に行くこともあって、直接受け取りに行った。

請求していたのは、オウムの13人の死刑執行に関する情報。
遺族として、当然知らされるはずの情報だけど、まずは通常の手続で死刑執行に至るまでの経過を確認しようと思う。

いくつかの書類に記入してから、開示された情報をバッグにいれて、帝劇へ向かう。
法務省から出て、日比谷公園を右に見ながら晴海通りを銀座方面に向かう。
ちょうど日比谷濠に差しかかったところから帝劇を見ると、街灯に照らされたイチョウ並木がお濠に映っていたので、思わず撮った。

死刑になった(麻原は除く)12人は、このように思わず足を止めてしまうような秋の訪れに何度出会ったのだろう。
オウムの信者になってから、そして逮捕されてから23年、なんという人生だったのだろう。
生きていれば、それこそノーベル賞の候補者になっていたかもしれない人もいたのに・・・。



帝劇に着いた。
ミュージカル『マリー・アントワネット』の3回目の観劇。
今日は、終盤にマリーがギロチン台に向かう前にマルグリットと顔を見合わせる場面で涙ウルウルしてしまった。
死刑のことを考えていたせいかもしれない。

そして、思いがけず知り合いの方からチケットをいただいたので、楽しみがもう一回・・・嬉しい 



aDSC_0016.jpg







死刑執行について寄稿


烏山地域オウム真理教対策住民協議会の、協議会ニュースに掲載されました。



20181113・烏山協議会ニュース

庭園散歩で紅葉狩り

秋とともに私の身体も冬支度ならぬ脂肪を蓄え始めたので、今さらでもないけど、少し運動をと思って、歩くことにした。
本当は億劫だし、嫌なんだ。

こういうときは、何か動機付けがあるといいんだけど、今さら「彼のために痩せよう」とか、「彼女がダイエットしたから負けたくない」とか、そんなことは思い浮かぶはずもなく、ただひたすら区の健康診断の後に郵送されてくるメタボ予防とか、糖尿病予防の保健指導を受けたくない、なんて口実を作って、掛かり付け医をよろこばせようとするだけの涙ぐましい努力。

歩くにもそれなりのやり方があって、少し大股に、早めに歩くことが肝心。

で、今日は庭園を歩くことにした。
行ってビックリ、なんと、日本語じゃない観光客が多いこと!

園の入口には黄色い旗をもったガイドさんがいる、ということは団体客も押し寄せているということか。
遊歩道を占領されると追い越すこともできず、まったくこちらのウォーキングの効果なしだ。

それでも我慢できるのは、紅葉。
見事!とまではいかないけど、それだけに紅葉した1本、2本が観光客の感嘆の声とカメラの視線を集めている。
しょうが無い、私も撮るか。

紅葉のライトアップが始まったら、また来よう






aDSC_0025.jpg



aDSC_0028.jpg



aDSC_0030.jpg





ドジ


朝おきて、心身ともに怠いなと感じながらも、朝食を済ませ、昨日の写真や動画をPCに取り込んで・・・
何気なく、ネットのニュースで、あらあら、またNHKが誤送信か、なんて見ていた。

NHKというと、なぜか京都が連想され(NHKのよく知っている人が京都にお住まいなので)、「京都」から今度の講演のことを思い出し、自室の、そういうスケジュールが日付順にファイルしてある棚を見てビックリ!!!

今日の予定が入っていた。
神奈川県民ホールで、ミュージカル「ジャージーボーイズ」のチケットが、一番前のクリアファイルに見えるではないか
時計をみたら、12時すぎ。
あ~~~もう間に合わない
ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!! 

せっかく苦労して取ったチケットなのに
しかも良い席だったのに

誰に当たればいいんだろう・・・





入谷地域住民協議会の集会

昨夜まで、世田谷に行こうか、足立に行こうか迷った。
オウム真理教対策地域住民協議会の集会が、どちらも同じ日。

朝の気分で、っていうのも変だけど、朝の気分で決めれば?ってアドバイスされたこともあって、足立区入谷に行った。
ただね、ここの場所がイマイチ。
駅から遠くて。
去年も迷ってタクシーに乗ったけど、実際にはそこから100メートルもかからない場所に居たってわかってこともあった。
周辺の景色が似ていて、年に一回の訪問だから迷う。
で、今年は、川口元郷という駅からバスに乗って行った。

20℃以上の暑い日になった。
200人以上が集まって、盛大なデモ行進がおこなわれた。
足立区が熱心だから、住民も心強いことと思う。
私も大きな声で 「オウム反対!!!」 「アレフ反対!!!」 と叫んだ。
叫ぶのは気持ちいい。

アレフの施設の前で抗議文を読み上げ、「渡すから出てこ~い!!!」と、閉ざされた門のような塀のような門の前で更に叫ぶ。
建物を見上げると、暑いから窓が開いているので、声は聞こえているだろうに、まるで他人事のように知らんぷりしてるから、郵便受けに入れて、念押しのシュプレヒコールを唱える。

入谷中学の体育館に到着し、お疲れさまのご挨拶と、勉強会。
今日は、足立区の代理人の弁護士2人が、過料訴訟に勝訴した裁判を、パワポを使いながら解説した。
弁護士さんたちの腕もさることながら、足立区と住民の人たちの団結力の賜物。
これからも断固として闘っていってほしい。



C0012T01.jpg






すまほカバー

もう2年以上使っているスマホカバーが、カバーの機能は果たしているけど、見た目はボロボロ。
私はそれほど気にしていないけど、この度、長女がなんだか可愛らしいのに変えたって見せびらかすものだから、どりゃ私も変えてみようかい、と思い立って、ネットで探し回ること一晩。

で、見つけたのが、これ↓ 

これで「写真とりま~す」って言うと、後姿にだいぶ戸惑うようですけど、私はなかなか気に入ってます。
なぜって、ウチの家族の一員、ベンガル猫と同じだからです!


CIMG2774.jpg





来年の集会の準備

毎年のことだけど、3月の集会の会場を確保するのは大変!
毎年のことだから、1年前に予約できそうなものだけど、これがどうして、どうして・・・
中身が決まらないと、会場の大きさも決まらない。
目途がついて、さて会場となっても、3月って研修やら会議やらなにかとイベントが多いから、ほとんど予約済みになっているのです。

で、まあ、とにかく、なんとなく、「事件から24年の集い」のイメージができて来たので、そろそろ具体的な準備に取りかかろうという段階まできました。

決まったことは、

日程が、2019年3月16日(土)
時間は、未定ながら、12時から16時か、13時から17時か・・・
場所は、連合会館
千代田線「新御茶ノ水駅」、B3出口のすぐ上で、JRだと「新御茶ノ水駅」から少し歩きます。

あとは、今年、参加者から「良かった」との感想をたくさんいただいた「シェアタイム」の時間もとります。

まずは、3月16日の予定を確保していただくべく皆さんに売り込み、売り込み!




映画 「旅猫リポート」


忙しい日が続くと、書くことはたくさんあるのに、書く時間が全然ありません。

で、今日は忙しさも去り、気分転換に映画を見てきました。
「華氏911」と「旅猫リポート」とどちらにしようか迷って、ボーッと見れる方にしました。

ところが、ボーッとどころではなく、涙、涙、・・・

やっぱり猫好きの弱いところですね、このシーンのためにどれほどの時間撮影しつづけたのだろう、なんて全然考えてないですから。



佐渡へ 2泊3日の旅


新幹線で新潟まで行き、そこからジェットフォイルで約1時間、佐渡の両津まで行きました。
新潟港の佐渡汽船の待合室にいたとき、隣のベンチに曽我ひとみさんが座っていました。

私は観光のことしか考えていませんでしたが、そうか、北朝鮮の拉致問題が未解決のままなのだと、急に押さえられるような気持ちになりました。

佐渡は、紅葉してました。
佐渡のシーズンは夏ですから、あまり人がいなくて、ドンデン山の紅葉を独り占めです。
尖閣湾の遊覧船は、風が強くて就航していませんでした。

翌日は、佐渡金山の展示場をまわり、北沢浮遊選鉱場跡も見ましたが、これは見応えありました。

小木でたらい船に乗り、.矢島・経島を散策。
海がとにかくきれいです。

トキの森公園にも行きましたが、なんと、デリケートな鳥ということで、遥か向こうにいるのを見るだけ。
しかも、こちらのガラス窓越しに、向こうのケージの中のほぼ動かないトキを見るのですから、さほどの感動もありませんでした。
ほとんど叫び声に近い女性がいて、郵便局の人なのか、トキの切手を売り込んでました。
62円も82円も、シートで倍の値段です。
もちろん買いませんでした。

帰る日は、風が強くて、ジェットフォイルが出るのかどうか心配で、ネットで検索してみると、欠航つづきです。
新潟発の新幹線の切符はもう買ってあるので、もしジェットフォイルがダメなら、2時間半かかるカーフェリーに乗らないといけないのです。
時間を調べて、早めに両津港に行きました。
カウンターで聞くと、ジェットフォイルはまだわからず、出欠はカーフェリー出航の10分前にわかる(決まる)とのこと。
もし欠航になれば、その人たち全員が変更手続きをすることになり、それが10分でできるわけないので、もうカーフェリーにしちゃおうと思って、変更手続きのカウンターに行きました。

すると、チケットを見た係の人が、「これはすごくお得になっているチケットだから、(出るかどうか)ちょっと待ってみたら?」というのです。
なんという不安!

不安ながらも、カーフェリー用の時間に来ちゃっているので、たっぷりある時間でお土産を買うことにしました。
時間がありすぎると、無駄遣いもするものです。

ラッキーなことに、30分前に就航することが決まって、一安心しました。

佐渡牛と、魚が美味しかった佐渡でした。




FC2Ad