「☆と一緒に」

オウム真理教が起こした事件への啓発ポスター

「25年の集い」中止のお知らせ

【重要なお知らせ】

3月14日に予定していた「地下鉄サリン事件から25年の集い」は中止することになりました

集会を通じて皆さまへたくさん語り継ぎたいことがありましたが、主催者としてこのような決断をしなければならなくなったことは、誠に残念ですが、政府の方針に従い、新型コロナウイルス感染予防のために、ご理解いただきますようお願いいたします。

参加を予定されていた方には大変申しわけございません。

今後も事件関係の行事を開催することがありましたらお知らせ致します。



「地下鉄サリン事件から25年の集い」のご案内

3月14日(土)12時開場です。

裁判が終わり、死刑が執行されたても、オウム事件の被害者、遺族の闘いは終わっていません。

オウム真理教から分かれた「Aleph(アレフ)」、「ひかりの輪」、「山田らの集団」は日本各地30カ所以上の拠点で活動を続けていて、資産も13億円近くになります。
特に札幌においては、地元住民の反対運動があまりないことに乗じて、日本での入信者が最多です。

そして、「Aleph(アレフ)」相手の損賠賠償訴訟は継続中です。

私たちは、オウム集団の拡大を防ぎ、再びオウム事件が起きないように、被害者、遺族の体験を発信していきます。

皆さま、3月はご予定が多々あるとは思いますが、ぜひご来場いただきまして、地下鉄サリン事件、オウム事件を一緒に考えていきましょう!
会場でお待ちしています。



(a)IMG_20200123_0003.jpg



新年 2020年 まもなく地下鉄サリン事件から25年


除夜の鐘が鳴り始め、長女と二男と一緒に近所の稲荷神社に初詣に行く。

家を出ると、昼間はとても暖かかったのに、すごく冷たい風が吹いていた。
そそくさと急ぎ足で歩いて、お参りの列に並ぶ。
列の左側で、いつもなら消防団の人たちがお焚き上げをしていて、参列者が持ってきたお札やお守りがメラメラと燃え上がる炎を見て、暖かさも感じながら並んでいるんだけど、今夜はどうしたのだろう。

3人で並んでお参りを済ませ、いただいた御神酒が胃の中にわぁ~と広がり、生ぬるい甘酒がそれを冷ます。
お焚き上げは、風が強いから中止にするよう消防署から言われたとか。
二男が持ってきたお守りはどうすればいいのか聞くと、もう一年持ち越してくれ、と。
70%くらいの初詣気分で家路に着く。

12月に入ってから、「事件から25年の集い」の準備で忙しかったけど、この正月3日間くらいは何も考えないで過ごそうと思う。
おせち料理は好きじゃない。
薄味が好きな私には味付けが濃くて、甘い料理が多いから、いつも水やお茶をがぶがぶ飲むことになる。
夜は、二男が持ってきたいろいろなハムの中から生ハムを使って、サラダをドッサリ作った。
明日は輪島の朝市で買ったカニを食べよう。
3日後の体重が恐ろしい!

DSC_0134 (2)





「あのテロ事件から四半世紀~今も変わらないオウム真理教~」

今月、公安調査庁がホームページとYoutube にアップした動画です。

「アレフ」や「ひかりの輪」が、数々のテロ事件を起こした「オウム真理教」の流れが同じ宗教団体だとは知らない人が多くなってきて、巧みな手口で勧誘され、信者にされてしまうことがあるので、その啓発の意味もあり制作されたものだと思います。

3分の中によくまとめられていて、多くの方々にご覧いただきたい動画です。



オウム真理教問題に関する啓発動画 「あのテロ事件から四半世紀~今も変わらないオウム真理教~」