「☆と一緒に」

来年の集会は

95年3月20日に起きた地下鉄サリン事件から

来年2020年で25年、四半世紀になります。


毎年おこなっている集会、

来年は、3月14日(土)に、

場所は、今年と同じ、御茶ノ水の

「連合会館」(総評会館)でおこないます。
https://rengokaikan.jp/about/index.html


大々的なことはできませんが、ご来場者の皆さんと一緒に

オウム真理教が起こした事件について、考えてみたいと思います。

詳細が決まりましたら、ここでご案内いたしますので、

まずはご参加のための日程を確保していただきますよう

お願い致します。





娘からスマートウォッチのプレゼント


先週の父の日に、娘は亡き父親にスマートウォッチのプレゼントをした。
それは必然的に私へのプレゼントに早変わりするわけだけど、実際にプレゼントが何であるかを知ったのは、国連のシンガポール会議から帰国してからだっった。

それも、なんという偶然かと感激した。

実は近ごろ今日が何日の何曜日かということをすっかり忘れることがあって、直近の出来事では、シアターコクーンの「黒白珠」が観たくてチケットを買って、しかも抜群に良い席が取れて、すごく楽しみにしていたのに、気がついたときにはもう終演時間だ!と、体中から汗が出たのを感じるほどショックだった。
丸一日勘違いしていたのだ。

それからは日付も入っているデジタル時計をいつも居場所を変える度に持ち歩いていた。
今日はフッと腕時計でもするか、と思っていたところだったのだ。

箱を開けてスマートウォッチを取り出す。
黒か、ちょっといかめしいけど・・・。

スマホからアプリを入れて、いろいろ設定した。
とにかく、日にちと曜日がほしいわけで、これは少し表示が小さい。
しかし、なんというグッドタイミング!!!
すごく嬉しかった。


aDSC_0274.jpg





久々のネコの反応

17日に出発して、帰宅したのはもう日付は22日になっていたから丸々5日間でかけていて、一番気になったのは、ネコが私をどのように迎えてくれるか、ということだった。
玄関まで飛んできてくれるかなぁ、のそのそやってくるのかなぁ、それともハンモックで爆睡してるか・・・

旅行の疲れを感じながら、久々の我が家に辿り着き、最後の楽しみの扉を開けた。

二男がテレビを見ているのが見えた。
明日、というかもう今日だけど、土曜日だから夜更かししているのだろう。
やがて、「誰が来たの」と言わんばかりにやってきたネコ。
一応、飛んできてくれ!という期待は外れてしまったけど、二男には嬉しかった。

しかしなぁ、ネコにとっては「メシ」の面倒をみてくれる人間が最優先の優遇人物なんだろう。
しかたない、今日からは良き僕になっておさんどんに励もう!





胃腸の内視鏡検査

検査というより、いつも手術。
必ずポリープがあるので、摘出する。

それと、いつも内視鏡が虫垂に行くまで痛いんだけど、終わるとその痛みを忘れてしまう。

それにしても、あの大腸の中のポリープって、よく先生は見つけられるものだと感心してしまう。
先生は「見ますか?」っていうので、モニターを見てるわけ、私も。
自分の大腸の中を見てるわけです。

で、「これ、1センチくらいある」とか言うけど、砂丘の山のデコボコみたいな中で、大腸のシワとポリープと、どう見分けられるのだろう。
「経験ですね」と。

ま、毎年ポリープ取ることになってる私にとっては、内視鏡ベテランの先生は頼もしい。

◇◇◇

帰宅してから氷の「サクレ」を食べた。
なにせ喉がカラカラだったから。

メロン味、この辺りでは売っていないので、この前、長女が買って来てくれた。
自分の家の近くのスーパーから、製氷剤どっさりのクールバッグに入れてきた。

レモンはいつも最後に食べるので、メロンも最後まで残しておいた。
いざ、最後のメロンを。
これは、最後はダメだ。おいしくない。
明日はメロンを最初に食べるか、氷と混ぜて食べよう。